一般的なシミについて

気になるシミの原因や対策 美容
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

この記事のポイント

  • シミにはいくつか種類があるが、多くの人が悩んでいるシミは、紫外線や老化が原因でできる老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)というシミ。
  • シミの種類によっては市販薬や市販のシミ取りレーザーで治療してはいけない悪性のシミの可能性があり、自己判断でのセルフケアは注意が必要。
  • 心配な方は皮膚科などで専門家に診断してもらい、治療方法やシミ予防のアドバイスをしてもらうことがベスト。

悩んでいる人の声

 

顔にシミができてしまって、メイクをしても隠しきれず悩んでいます。

 

シミが増えてきて、諦めかけています。

 

何を試してもしみが消えなくて、困っています。

悩んでいる人が多い年代

シミの悩みは幅広い年齢層で見られますが、特に30代から50代の女性に多い傾向があります。

一般的なシミの正体とは?

肌のシミには肝斑(かんぱん)やそばかすなどいくつか種類がありますが、一般的に日焼けや加齢によってできるシミのことを老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)または日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)と呼びます。

参考:しみ|日本形成外科学会

老人性色素斑の特徴

見た目・大きさ

明るめの茶色から濃い茶色まで様々で、シミの境界がはっきりしています。

形状は丸い形をしており、大きさは数ミリ〜数センチまでと様々です。

シミが発生しやすい部位

顔・腕・手の甲・デコルテなどの、紫外線を浴びやすい部位にシミが発生します。

日焼けのメカニズム

紫外線は、細胞の中の遺伝子を傷付ける有害な光です。

皮膚の浅層にある、垢の材料になる角化細胞という細胞が紫外線を浴びると、遺伝子に異常が発生します。

実は日焼けは、紫外線からお肌を守るための体の反応です。

日焼けの効果を日焼け止めの効果で表すと、最大でSPF5程度だと言われています。

紫外線がお肌に当たると、メラニンと呼ばれる色素が増えて、お肌が黒くなります。これが日焼けです。

角化細胞は、近くのメラニン細胞にメラニンを作るようにSOSを出し、紫外線から細胞を守る「メラニンキャップ」という構造を作ることで、紫外線からのダメージを減らします。(自己防衛効果)

検査・診断

ただのシミだと思っていても、実はメラノーマの最初の病変である悪性黒子(あくせいほくろ)、つまりがんの可能性もあります。

セルフケアでシミを消したい方も、がんかどうか心配な方は専門医に触診、視診、ダーモスコピー、皮膚生検などの方法で診断をしてもらいましょう。

治療

早くシミを消したいなら「レーザー治療」

悪性のほくろではない場合、美容目的でシミを取ることになるため、通常は健康保険の適用外となります。

現在、老人性色素斑に最も有効な治療方法は、レーザー治療だといわれています。

まだ平らなシミである老人性色素斑にはQスイッチルビーレーザー、盛り上がりのある脂漏性角化症には炭酸ガスレーザーがおすすめです。

専門家による効果の高い治療が受けられる一方で、費用が高い、ダウンタイム期間中に治療部分にガーゼなどを貼って過ごさなければならない、数回の通院の必要があるなどのデメリットもあります。

自分のペースでシミを消したいなら「外用薬」

レーザー治療は、病院や美容外科によって料金設定が大きく異なります。

できるだけ費用を安く抑えたい、通院できる時間がない、ゆっくり自分のペースでシミを消したい場合には、トレチノイン・ハイドロキノンなどのシミ治療に使われる外用薬の使用をおすすめします。

トレチノイン・ハイドロキノンは美容外科や皮膚科でも取り扱っていますが、市販の商品も多数存在します。

一般的に、病院で販売されているトレチノインやハイドロキノンは5%以上の高濃度のものが多く、市販品は5%以下のものが多いです。

高濃度のものは医師の指示のもと治療ができる一方、皮膚の赤みや色素脱失など副作用のリスクが上がります。

心配な方は、スキンケアとして低濃度の市販品から試すことをおすすめします。

シミの予防方法

老人性色素斑の原因は、紫外線を浴びること、日焼けをすることです。

そのため、最も効果的な老人性色素斑の予防方法は「日焼けをしないこと」です。

外出時だけでなく、車の運転中や室内で過ごしている時も日焼けはしますし、くもりの日にも紫外線は浴びています。

普段から日焼け止めを塗って、日焼け対策を行いましょう。

受診の目安

シミの見た目が気になる方、悪性黒子が心配な方は、盛り上がりのあるシミ(脂漏性角化症)へ移行する前の状態で受診されることをおすすめします。

脂漏性角化症への移行

老人性色素斑を長年放置すると、やがて盛り上がり、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)に変化することがあります。

見た目が変わる以外特に問題はありませんが、盛り上がりのない老人性色素斑の段階で悪性黒子(あくせいほくろ)でない診断を受けておくと安心です。

老人性色素斑の原因

紫外線を浴びる

老人性色素斑が発生する一番の原因は、紫外線を浴びることです。

紫外線がお肌に当たると、メラニンと呼ばれる色素が増えて肌が黒くなります。

F. フラマンらによると、年齢にかかわらず、日焼けが好きな人の色素沈着発生率は、紫外線を浴びることと強い関係があることが分かっています。

Flament, F.、Bazin, R.、Laquièze, S.、Rubert, V.、Simonpietri, E.、Piot, B. (2013) 白人の皮膚における目に見える老化の臨床兆候に対する太陽の影響 臨床、美容および調査皮膚科、6、221 – 232

日焼けのメカニズム

紫外線は、細胞の中の遺伝子を傷付ける有害な光です。

皮膚の浅層にある、垢の材料になる角化細胞という細胞が紫外線を浴びると、遺伝子に異常が発生します。

実は日焼けは、紫外線からお肌を守るための体の反応です。

日焼けの効果を日焼け止めの効果で表すと、最大でSPF5程度だと言われています。

紫外線がお肌に当たると、メラニンと呼ばれる色素が増えて、お肌が黒くなります。これが日焼けです。

角化細胞は、近くのメラニン細胞にメラニンを作るようにSOSを出し、紫外線から細胞を守る「メラニンキャップ」という構造を作ることで、紫外線からのダメージを減らします。(自己防衛効果)

検査・診断

ただのシミだと思っていても、実はメラノーマの最初の病変である悪性黒子(あくせいほくろ)、つまりがんの可能性もあります。

セルフケアでシミを消したい方も、がんかどうか心配な方は専門医に触診、視診、ダーモスコピー、皮膚生検などの方法で診断をしてもらいましょう。

治療

早くシミを消したいなら「レーザー治療」

悪性のほくろではない場合、美容目的でシミを取ることになるため、通常は健康保険の適用外となります。

現在、老人性色素斑に最も有効な治療方法は、レーザー治療だといわれています。

まだ平らなシミである老人性色素斑にはQスイッチルビーレーザー、盛り上がりのある脂漏性角化症には炭酸ガスレーザーがおすすめです。

専門家による効果の高い治療が受けられる一方で、費用が高い、ダウンタイム期間中に治療部分にガーゼなどを貼って過ごさなければならない、数回の通院の必要があるなどのデメリットもあります。

自分のペースでシミを消したいなら「外用薬」

レーザー治療は、病院や美容外科によって料金設定が大きく異なります。

できるだけ費用を安く抑えたい、通院できる時間がない、ゆっくり自分のペースでシミを消したい場合には、トレチノイン・ハイドロキノンなどのシミ治療に使われる外用薬の使用をおすすめします。

トレチノイン・ハイドロキノンは美容外科や皮膚科でも取り扱っていますが、市販の商品も多数存在します。

一般的に、病院で販売されているトレチノインやハイドロキノンは5%以上の高濃度のものが多く、市販品は5%以下のものが多いです。

高濃度のものは医師の指示のもと治療ができる一方、皮膚の赤みや色素脱失など副作用のリスクが上がります。

心配な方は、スキンケアとして低濃度の市販品から試すことをおすすめします。

シミの予防方法

老人性色素斑の原因は、紫外線を浴びること、日焼けをすることです。

そのため、最も効果的な老人性色素斑の予防方法は「日焼けをしないこと」です。

外出時だけでなく、車の運転中や室内で過ごしている時も日焼けはしますし、くもりの日にも紫外線は浴びています。

普段から日焼け止めを塗って、日焼け対策を行いましょう。

受診の目安

シミの見た目が気になる方、悪性黒子が心配な方は、盛り上がりのあるシミ(脂漏性角化症)へ移行する前の状態で受診されることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました